Profile

okekeke

Author:okekeke
息子ひとり、旦那ひとり、仕事ひとつ。
何としても洋書が読みたくて地道に絵本からのスタート。

Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
43

The Mystery Of Allegra

ミステリー+ホラー。家族でイタリアに旅行に来ていたAdrianが旅先のホテルでAllegraという5歳の女の子の幽霊と出会う。Allegraの探している「ママ」はどこにいるのか?Allegraに取り憑かれた(?)Allegraと同じ名前の女の子は亡くなっていく。そしてAdrianは真相を知る。というお話。物語にそんなに起伏はないけど読みやすくて内容もわかりやすい。最後のオチも良かった。Oxfordの本は淡々としてるイメージでこのストーリーとよく... <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/0194790665/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0194790665"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=0194790665&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=0194790665" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br />ミステリー+ホラー。<br />家族でイタリアに旅行に来ていたAdrianが旅先のホテルでAllegraという5歳の女の子の幽霊と出会う。<br />Allegraの探している「ママ」はどこにいるのか?<br />Allegraに取り憑かれた(?)Allegraと同じ名前の女の子は亡くなっていく。<br />そしてAdrianは真相を知る。<br /><br />というお話。<br />物語にそんなに起伏はないけど読みやすくて内容もわかりやすい。<br />最後のオチも良かった。<br />Oxfordの本は淡々としてるイメージでこのストーリーとよく合ってる。<br /><br />疑問だったのが「Love」の使い方。<br />話の途中で17歳のAdrianが5歳のAllegraに対して<br /><strong>I began to love her. </strong><span style="font-size:x-small;">(…だったかなあ)</span><br />とあったのでこれはロリ系の話なのかと思ったけどどうやら「Like」のニュアンスみたい。<br />日本と「Love」の使い方が微妙に違うのかな。<br />
40

The Death of Karen Silkwood

核を扱う工場で働いていたカレン。ある日、工場のずさんな管理体制により放射能汚染の危険を感じて企業相手に管理の危険性を訴えようとする。内部調査を行い、新聞社に訴えようとした矢先、カレンは自動車事故で亡くなってしまう。これは事故なのか、それとも?結局真相はわからないまま終わってしまうのですが、じつはこのお話は実話。x・)ぷっ「シルクウッド」という映画(メリル・ストリープ主演)にもなってるらしいです。全体... <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/0194232778/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0194232778"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=0194232778&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=0194232778" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br />核を扱う工場で働いていたカレン。<br />ある日、工場のずさんな管理体制により放射能汚染の危険を感じて企業相手に管理の危険性を訴えようとする。<br />内部調査を行い、新聞社に訴えようとした矢先、カレンは自動車事故で亡くなってしまう。<br />これは事故なのか、それとも?<br /><br />結局真相はわからないまま終わってしまうのですが、<strong>じつは</strong>このお話は<strong>実話</strong><span style="font-size:x-small;">。x・)ぷっ</span><br />「シルクウッド」という映画(メリル・ストリープ主演)にもなってるらしいです。<br /><br />全体的に読みやすかったと思うのですが核燃料やら燃料棒やら茶封筒?やらのかたくるしい単語が出てきて読み終わったときは疲労感。<br />途中で息抜きしたくなるような本でした。
37

Oxford Bookworms Library

最近まったく更新できず…。とりあえず忘れないうちに記録。すでに何を読んだのか忘れてるのもある。。。White Death麻薬所持疑惑で捕まってしまった娘とボーイフレンド、その娘の母のお話。実は娘の元カレの陰謀でした。最後は真実が明らかになり、娘はめでたく出所、さらに今のボーイフレンドとの間に子どもができていることも明らかに。この妊娠している件はなくてもいいような…?Christmas in Pragueクリスマス旅行にプラハに行... 最近まったく更新できず…。<br />とりあえず忘れないうちに記録。<br /><span style="font-size:x-small;">すでに何を読んだのか忘れてるのもある。。。<br /></span><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/0194789233/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0194789233"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=0194789233&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=0194789233" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><strong>White Death<br /></strong>麻薬所持疑惑で捕まってしまった娘とボーイフレンド、その娘の母のお話。<br />実は娘の元カレの陰謀でした。最後は真実が明らかになり、娘はめでたく出所、さらに今のボーイフレンドとの間に子どもができていることも明らかに。<br />この妊娠している件はなくてもいいような…?<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/0194789020/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0194789020"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=0194789020&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=0194789020" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><strong>Christmas in Prague<br /></strong>クリスマス旅行にプラハに行った夫婦と義父。そのプラハで義父の意外な過去が明らかに。<br />とりあえず出だしからPrague=プラハが読めなかった。。。<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/0194790681/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0194790681"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=0194790681&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=0194790681" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><strong>The Piano<br /></strong>ある貧しい少年が一流のピアニストになるお話。<br />Stage 2の割には読みやすかった。<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/0194237079/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0194237079"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=0194237079&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=0194237079" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><strong>The Murders in the Rue Morgue<br /></strong>エドガー・アラン・ポーの「モルグ街の殺人事件」<br />なんでもシャーロックホームズより先に出た探偵ものの本だそうです。<br />これはおすすめですよ。<br />犯人は挿絵を見なかったら私は理解できていただろうか…という意外な結末。<br /><br /><br />ここのところOxford Bookworms Libraryシリーズの本を読んでます。<br />イギリス本、好きだなあ。<br />イラストもシュールなものが多くてストーリーが淡々としてるところがいい。<br />今はOxford Bookworms LibraryのStage 2の本を読んでるけど実際のところStage 1レベルが私にはちょうどいいのですが。<br />Oxfordの本は私の行く図書館にはあまり置いてないのが残念。<br />わからないところをうっかり読み飛ばしていると最後に「はあ?」ということに陥る。<br />1回目ざっと読んでから2回目じっくり読んでなんとか理解してる感じ。<br /><br />来年はStage 3レベルまでいけるかなあ。<br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。