Profile

okekeke

Author:okekeke
息子ひとり、旦那ひとり、仕事ひとつ。
何としても洋書が読みたくて地道に絵本からのスタート。

Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
47

インランド・エンパイア

デヴィットリンチ監督の作品。これは映画公開当時はいろいろ波紋の広がった作品のようで。とにかく難解。途中まで何とかついていけたけど後半からは完全に置いてかれた。見終わったあとの感想、映画館で観なくてよかったー。一回観ただけではあまりにも難解すぎる。。。それで、訳解らないけどどうしても理解したくなってくる。DVDを観終わったあと(3回)、一週間くらいこの映画のことを悶々と考えておりました。しかし理解できず... <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003V1D2BE/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B003V1D2BE"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=B003V1D2BE&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=B003V1D2BE" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br /><br />デヴィットリンチ監督の作品。<br />これは映画公開当時はいろいろ波紋の広がった作品のようで。<br /><br />とにかく難解。<br />途中まで何とかついていけたけど後半からは完全に置いてかれた。<br />見終わったあとの感想、映画館で観なくてよかったー。<br /><span style="font-size:x-small;">一回観ただけではあまりにも難解すぎる。。。<br /></span>それで、訳解らないけどどうしても理解したくなってくる。<br />DVDを観終わったあと(3回)、一週間くらいこの映画のことを悶々と考えておりました。<br />しかし理解できず。。。<br />でもこの映画の内容をじっくり思い返しているのが楽しい。<br />「インランド・エンパイア」の答えは観た人それぞれの解釈ででいいんじゃないかな、という強引な結論。<br /><span style="font-size:x-small;">ε- (´ー`*) フッ<br /></span><br />何とも不思議な映画でした。<br />今まで観た中で一番印象的で一番怖かった。<br />その怖さがどこからくるのか分からないけど、内面からじっとりくる感じ。<br />とにかくこの映画を観た人と話し込みたい気分です。<br /><br /><br />
  • Date : 2012-04-06 (Fri)
  • Category : 洋画
46

バタフライ・エフェクト

ここ最近、いろいろいろいろいろいろと忙しくて洋書やらDVDやらまーったく観れない日々。やっと落ち着いてきたのでここらで更新。過去に戻れる能力を持っていたことに気づいたエヴァンは自分と自殺してしまった恋人ケイリーを救うため過去にもどって修正していきます。その修正を加えていくうちにどんどん未来はおかしなことになり。。。「バタフライ・エフェクト」=小さな蝶の羽ばたきが、地球の裏側で台風を起こすこともあるま... ここ最近、いろいろいろいろいろいろと忙しくて洋書やらDVDやらまーったく観れない日々。<br />やっと落ち着いてきたのでここらで更新。<br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000AM6R00/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B000AM6R00"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=B000AM6R00&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=B000AM6R00" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br />過去に戻れる能力を持っていたことに気づいたエヴァンは自分と自殺してしまった恋人ケイリーを救うため過去にもどって修正していきます。<br />その修正を加えていくうちにどんどん未来はおかしなことになり。。。<br /><br />「バタフライ・エフェクト」=小さな蝶の羽ばたきが、地球の裏側で台風を起こすこともある<br />まさにタイトル通り。<br />ちょっとした過去の上書きが後に影響される大きな現実にエヴァンは翻弄され、最終的に決断したのはケイリーの未来。<br />ここからがおもしろいんだけど、この映画にはエンディングが3つ用意してある。<br />そのうち2つは後付けみたいなエンディング。<br />これはこれでいいんじゃない?って感じ。<br />もうひとつはオリジナル版のエンディング。<br />実はこれレンタルしたDVDには入ってなくて見てません。(ノ_-。)<br />が、ネットでレビューみてたら、なんと!そんなエンディング!!というものでした。<br />以下ネタばれになりますが…<br />オリジナル版でエヴァンが決断したこと、それは自分の存在自体をなくすこと。<br />産まれる前、母親の体内にいるエヴァンがへその緒を自分の首に巻き付けて産まれてくることを拒否。<br />最後はみんなが幸せそうにしている映像がフラッシュバックしてケイリーの笑顔でエンディング。<br /><br />・・・せつなすぎる。<br />でもこのエンディングが一番しっくりくるのではないでしょうか。<br />とてもおもしろい映画でした。<br /><br />ちなみにバタフライ・エフェクトは続編が出ているそうですがこれは特に観なくてもいいみたいです。(-ω-;)<br />
  • Date : 2012-03-16 (Fri)
  • Category : 洋画
45

ピート・ポスルスウェイト

ピート・ポスルスウェイトのことは今まで知らなかったけど「ユージュアル・サスペクツ」「ブラス!」をたて続けにみてたら、たまたま二つの作品に出てて知りました。この人、好きだなあ。すごいなと思うのが映画を見終わった後、主役でないのに一番印象に残る。「ユージュアル・サスペクツ」のラストの表情がとても印象的。残念なことに去年亡くなったそうです。下の3本はどれもおすすめ。ユージュアル・サスペクツブラス!父の祈... <a href="http://blog-imgs-35.fc2.com/o/k/e/okekekeke/b0096023_20513935.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-35.fc2.com/o/k/e/okekekeke/b0096023_20513935s.jpg" alt="b0096023_20513935.jpg" border="0" width="120" height="90" /></a><br /><br />ピート・ポスルスウェイトのことは今まで知らなかったけど「ユージュアル・サスペクツ」「ブラス!」をたて続けにみてたら、たまたま二つの作品に出てて知りました。<br />この人、好きだなあ。<br />すごいなと思うのが映画を見終わった後、主役でないのに一番印象に残る。<br />「ユージュアル・サスペクツ」のラストの表情がとても印象的。<br />残念なことに去年亡くなったそうです。<br /><br />下の3本はどれもおすすめ。<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005FXML/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00005FXML"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=B00005FXML&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=B00005FXML" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><strong>ユージュアル・サスペクツ<br /></strong><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005SVMFGS/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B005SVMFGS"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=B005SVMFGS&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=B005SVMFGS" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><strong>ブラス!<br /></strong><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000QWWZK/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0000QWWZK"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=B0000QWWZK&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=B0000QWWZK" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><strong>父の祈りを<br /></strong><br /><br /><br />
  • Date : 2012-02-11 (Sat)
  • Category : 洋画
42

マルホランド・ドライブ

おすすめ映画の中にこのタイトルがあったので気軽に借りてみました。デイヴィッド・リンチ監督なのでそれなりにおもしろいかあと。これは本当におもしろい映画だった!…と一回観ただけで言えたらなお良かったんだけど。てか、一回観ただけで理解できるの????挫折寸前でしたがネットのかきこみ情報のおかげで助かりました。こんなどんでん返しのストーリーだったとは。挫折しなくてよかったー。マルホランド・ドライブ観る↓半分... <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000063UPM/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B000063UPM"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=B000063UPM&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=B000063UPM" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br />おすすめ映画の中にこのタイトルがあったので気軽に借りてみました。<br />デイヴィッド・リンチ監督なのでそれなりにおもしろいかあと。<br /><br />これは本当におもしろい映画だった!<br />…と一回観ただけで言えたらなお良かったんだけど。<br />てか、一回観ただけで理解できるの????<br />挫折寸前でしたがネットのかきこみ情報のおかげで助かりました。<br />こんなどんでん返しのストーリーだったとは。<br />挫折しなくてよかったー。<br /><br /><br />マルホランド・ドライブ観る<br />↓<br />半分あたり経過…<br />↓<br />何がおもしろいのか全く理解できない<br />↓<br />DVD消す、パソコンつける<br />↓<br />ネットでこの映画の評論等を見てみる<br />↓<br />衝撃的なあらすじにしばし呆然<br />↓<br />すぐさま後半を観る<br />↓<br />エンディング。しばし呆然<br />↓<br />巻き戻してまた観る…<br /><br /><br />この映画を正確に理解して観たい人はネット等でネタバレを読んでから観ることをおすすめします。<br />すごく詳しく解説してあるサイトもあるので、よーく読んでからこの映画を観ると一層楽しめるかと。<br />何度も見返したくなるところはさすがです。<br />侮るなかれ、リンチ作品。<br /><br />
  • Date : 2012-01-30 (Mon)
  • Category : 洋画
39

リトル・ミス・サンシャイン

最近観たDVDの中では一番のおすすめ。家族の絆のお話。家族愛というとちょっと敬遠していたけど、いい意味で裏切られた。家族が起こした問題は未解決のままエンディングなんだけど、見終わったあとは爽快。派手なストーリーじゃないけどなぜだか繰り返し観たくなるような映画でした。終盤、おじいちゃん直伝のダンスは笑えた。まさかそうくるとは・・・... <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003N1Y0JU/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B003N1Y0JU"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=B003N1Y0JU&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=B003N1Y0JU" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br />最近観たDVDの中では一番のおすすめ。<br />家族の絆のお話。<br />家族愛というとちょっと敬遠していたけど、いい意味で裏切られた。<br />家族が起こした問題は未解決のままエンディングなんだけど、見終わったあとは爽快。<br />派手なストーリーじゃないけどなぜだか繰り返し観たくなるような映画でした。<br /><br />終盤、おじいちゃん直伝のダンスは笑えた。<br />まさかそうくるとは・・・<br /><br />
  • Date : 2012-01-12 (Thu)
  • Category : 洋画
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。