FC2ブログ
Profile

okekeke

Author:okekeke
息子ひとり、旦那ひとり、仕事ひとつ。
何としても洋書が読みたくて地道に絵本からのスタート。

Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><script type="text/javascript"> var microadCompass = microadCompass || {}; microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; </script> <script type="text/javascript" charset="UTF-8" src="//j.microad.net/js/compass.js" onload="new microadCompass.AdInitializer().initialize();" async></script> <div id="f962d516f203b6163effd67c606758d8" > <script type="text/javascript"> microadCompass.queue.push({ "spot": "f962d516f203b6163effd67c606758d8", "url": "${COMPASS_EXT_URL}", "referrer": "${COMPASS_EXT_REF}" }); </script> </div> <!-- FC2管理用 --> <script type="text/javascript" src="https://media.fc2.com/counter_empjs.php?id=1368"></script> <!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
16

Uncle Elephant

「Owl at Home」の作家ARNOLD LOBELの本。両親が海で遭難してしまい、ひとりぼっちになった小ゾウを年取ったUncle Elephantが引き取ります。寂しがる小ゾウを楽しませようとUncle Elephantは小ゾウを主人公にした物語を聞かせたり、おかしな服を着たりして小ゾウを楽しませます。心優しいUncle Elephantが印象的。最後は遭難した両親が発見され小ゾウは親の元に戻るのですが、、、切ない。ハッピーエンドなんだけど後ろ髪惹かれる... <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/0064441040/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&tag=hahahaharubou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0064441040"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL110_&ASIN=0064441040&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=hahahaharubou-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=hahahaharubou-22&l=as2&o=9&a=0064441040" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br />「Owl at Home」の作家ARNOLD LOBELの本。<br /><br />両親が海で遭難してしまい、ひとりぼっちになった小ゾウを年取ったUncle Elephantが引き取ります。<br />寂しがる小ゾウを楽しませようとUncle Elephantは小ゾウを主人公にした物語を聞かせたり、おかしな服を着たりして小ゾウを楽しませます。<br />心優しいUncle Elephantが印象的。<br />最後は遭難した両親が発見され小ゾウは親の元に戻るのですが、、、切ない。<br />ハッピーエンドなんだけど後ろ髪惹かれるラスト。<br /><span style="font-size:x-small;">とくに電車の中で数を数えるエピソードは最後にぐっとくる。<br /></span><br />まさに「こころ温まる本」の代表作。<br />これは子ども向けというより大人のための本のような気がする。<br /><br />●おすすめ度<br /> ★★★★★<img src="//static.fc2.com/image/e/230.gif" class="emoji" style="border:none;" /><br /><br />●お気に入りのフレーズ<br /> <strong>Uncle Elephant kissed me good night and closed the door.</strong><br /><span style="font-size:x-small;">(う、また涙が。。。)<br /></span><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。