Profile

okekeke

Author:okekeke
息子ひとり、旦那ひとり、仕事ひとつ。
何としても洋書が読みたくて地道に絵本からのスタート。

Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

38

ユアン・マクレガー

ビック・フィッシュ


ミス・ポター


ヤギと男と男と壁と


洋書じゃなく洋画です。…洋物ということで。

なぜか最近私の中ではユアン・マクレガー祭り。(?)
トレインスポッティング、ベルベットゴールドマインで好きになったユアン・マクレガー。
久しぶりに観てみた。

ビック・フィッシュを観たのは二回目。(以前観たの忘れてレンタル)
ティムバートン監督の作品は安心して観れる。
ストーリーも映像もグー。
文句なしです。

ミス・ポターはピーターラビットの作者のお話でレニー・ゼルウィガーと共演。
この作品もっとコミカルに作った方がおもしろいんじゃないかなー…そういうお話じゃないか。
レニー・ゼルウィガーはやっぱりコメディの方がしっくりくる。
あらすじまったく読まずに観てたけどノーマン・ウォーン役のユアン・マクレガーがあっさり死んでしまったのはびっくり。
気持ちが収まらないまま終わってしまった…。

ヤギと男と〜はB級?
アメリカ軍の極秘超能力部隊のお話。
ジョージクルーニーやケビンスペイシーとか大物も出てるのにB級的な映画。
あらすじ読んだあたりで覚悟してたからよかったけど。
覚悟して観てたからか、そこそこ楽しめた。

まあ当たりばかりではないが、ユアン・マクレガーはやっぱりいいね!

スポンサーサイト
  • Date : 2012-01-11 (Wed)
  • Category : 洋画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。